ブログトップ

Good-luck-leaf ~マザーリーフ~

xxfumixx.exblog.jp

角のお花屋さん



地元の商店街の角に、


しゃれっ気ひとつない、無愛想なおじいさんがやっていたお花屋さんがあった。


お花の種類も少なくて、おじいさんが市場からそのまま持ってきたという感じなお店。


時々、立ち寄って、


「このバラください。」


というと、無愛想に、適当な数のお花を抜いて、


「はい、500円。」


なんていう、おじいさんだった。 ラッピングなんてしないし、無造作に紙でクルクルっと巻いて


輪ゴムでとめておしまい。


昨年の後半から、お店が閉まったままだったので、ちょっと気になっていた。


繁盛しているとはいえない、こじんまりとしたお店だったので、


たたんでしまったのかと思っていたら、


今日、久々にシャッターが上がっていた。


バラを眺めていたら、


「これ、300円でいいよー。持って行きなー。」


紙でクルクルっとバラを包むおばあさんの後ろに、なじみのあるおじいさんの写真とミカンとお湯のみが。。


「あの・・・失礼ですが・・。」


と写真を指したら、


「あぁ、去年の10月に亡くなっちゃったよ。 ずっとお店閉めてたんだけど、息子が続けるっていうから、
最近またお店あけたんだよ。 みんな、じいさんじゃなくて、若いのがやってるから、店の主が変わったのかと思うらしくてね。 じいさんのときによく通ってくれてたお客さんが、じいさんの写真でも飾っとけ、そしたら、みんなが、じいさんのお店だと分かるからって言うからね。」


と、明るくしゃべりだした。


私が、おじいさんの時代から、お花を頂いていたことが嬉しかったらしい。


たったの300円でこんなに。


c0226524_1465041.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村
[PR]
by fumi_motherleaf | 2011-01-29 14:07 | diary
<< 久しぶりの頭痛 気持ちは春 >>