ブログトップ

Good-luck-leaf ~マザーリーフ~

xxfumixx.exblog.jp

いつもありがとう。





「雨がパラパラしているから送って~~。」

化粧しながらキッチンにいる母に声をかけると、

廊下から息子の声。

「あ、俺も! 俺、今日少し早め出たいから8時15分くらい前にお願いしますっ!。」

「えー、それじゃアタシは早すぎるよー」

そんな私たち親子の会話を、母は ”しょーがないなー。” と呆れながらも笑顔で応え、

息子を駅まで送ったあと、家の前でクラクションを鳴らす。

車に乗り込む私に、

「もー、これくらいの雨、ふたりとも駅まで歩けばいいのにぃ。」

と、ブツブツ言いながらも、駅で車から降りる私に笑顔で

「はい、行ってらっしゃい。 今日もがんばってね。」

と見送ってくれた。


電車に飛び乗って、ふと思い出した。 

あ!!! ”お誕生日おめでとう”を言い忘れた!!。


今日は母の誕生日。 朝、おめでとうを言うのをすっかり忘れてしまった。


それどころか、たいした雨でもないのに、駅まで送らせてしまった・・・。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前に母がこう言っていたことがある。

「結局のところ、私は人に何かしてもらうより、してあげるほうが好きなの。」

人の世話になるのが嫌いなのだそうだ。 

「だから、あなたをなーんにもできない娘に育てちゃったのかもね。」と、
いたずらっぽく笑った。


私が家庭を離れたところで、どっぷり仕事に浸かっていられるのは、
母のおかげだとつくづく感じている。


手先が器用で、子育てもうまい。
68歳だというのに流行に敏感で、息子の扱いなど私よりうまい感じだ。
妻業、母親業、いろんな面において、私が母を超せる日はおそらく来ないような気がしている。


月末でおしゃれなケーキを買う時間がなかったので、仕事帰りに近くのケーキ屋さんに
飛びこんだ。


家に帰ると、娘が待ち構えたかのように用意してあったカードをこっそり私に差出し、

怒ったように小声で

「もー、ママ早くこれ書いてよ!。この間から渡してあったのに、書く書くって言って忘れてる!」

あわてて、”ごめんごめん”といって、

ペンを走らせた。

出来る母の娘(私)は不出来だが、不出来な母親(私)の娘はよく気がつく。

ありがとう、カード用意しといてくれて助かったよ!。


”いつまでも家のことやってもらって助かってます。これからも元気でね。”


c0226524_2285228.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

 
[PR]
by fumi_motherleaf | 2010-02-26 22:09 | diary
<< 花粉症 真央ちゃん >>